産後の便秘が解消できた

産後は、誰でも必ず骨盤がゆがんでいるそうです。 骨盤がゆがむと、生理不順や腰痛、冷え性、不妊、便秘などになることもあるらしく、私の場合は、産後の2ヶ月間は便秘に、またそれが解消されて体重が減っても、下っ腹が以前よりも出っ張っていたのが悩みでした。

これは、出産して子宮は元の大きさに戻ったのですが、骨盤のゆがみによって内臓が正しい位置に戻れないためにおこったそうです。 そこで、私は骨盤を戻すために「整体」へ行くことにしました。

産前から骨盤矯正に整体へ通ってはいましたが、産後は初めて。 産後の骨盤は6ヶ月まででだいたい固まってしまい、次の妊娠くるまで緩むことはないため、2ヶ月から通い始めました。

初診だと更に初診料がかかります。診察ではまず、体全体のゆがみをみてから骨盤のゆがみを調整していきます。よく見る「ボキッ」とするのもやりました。

私の骨盤は産後2ヶ月ですでに固まり始めていたようで、「早いうちにきてくれてよかった」と言っていました。骨盤は、片方の足だけをストレッチするように回したり引っ張ったりして調整していましたが、一度で完全によくなるわけではありません。

ただ、私の場合は骨盤のゆがみによる不自然な筋肉の張りがあちこちにあったため、トリガーポイントという痛みを緩和する指圧もしてもらい、一度の治療でも全身が軽くなった気がしました。

結局、5回ほど通い終わった頃には、下っ腹もぺちゃんこになり便秘に悩むこともなくなりました。また、産後に扁平になっていたお尻も肉のつき方がきちんとカーブしだしたので、パンツもきれいにはけるようになって満足しています。産後は、きちんと骨盤を調整する大切さがわかりました。

このページの先頭へ