食前より食後に飲むのが効果的

炭酸ダイエットは2通りあります。 1つ目が「炭酸水を飲むダイエット」。 2つ目がお風呂に炭酸を入れるダイエット。

まず、「飲む」炭酸ダイエットのやり方は、食後に炭酸水を500ml飲むだけです。

よく「食前に炭酸水を飲むと満腹感が出て痩せる」と言われていますが、私の場合、食前に炭酸水を飲むと食欲が増す(胃壁を刺激されて食欲が増進されるのではないかな?)ので、食後に炭酸水を飲みます。

ちなみに「いっぱい食べた後に炭酸水を飲んだら満腹感がすごいんじゃないの?」と聞かれたこともありますが、それはせいぜい最初の2日程度です。 2~3日続ければ、「食後に炭酸水を飲むので、このへんで食事を終ろう」と自分で食事量をセーブできるようになるので問題ありません。

むしろ、食前に炭酸水を飲むと、空腹のお腹に炭酸を入れることでゲップがすごい出るようになって気持ち悪くなることもあったのでおすすめしません。 そして、朝、昼、夜の食後に500mlずつ合計1.5リットル飲んでください。

尚、「飲む」炭酸ダイエットをしている間はコーヒーやジュースなどはなるべく飲まないようにしましょう。 そうしないと、水分過多でむくみやすくなってしまうので注意しましょう。

次に、お風呂に炭酸を入れるダイエットのやり方ですが、これはお風呂にバブなどの炭酸入り入浴剤を入れたお風呂に半身浴で約20分ほど入るだけです。 炭酸に含まれる炭酸ガスは、皮膚を通過して血管を拡張させるため、血行を促進して新陳代謝をあげてくれる作用があり、特に下半身痩せに効果があります。。 尚、「飲む」炭酸ダイエットをした後にすると、飲んだ炭酸が体内で循環するため、効果が出やすくなります。

炭酸をもっとおいしくする飲み方

上で「炭酸ダイエットをするときは炭酸を一日1.5リットル飲んでください」と書きましたが、毎日炭酸だけを飲んでいると、「飲みにくい・飲みたくない」と思うようになる人もいるかもしれません。 そんなときは炭酸を酵素ドリンクに混ぜて飲んでみてください。

ちなみに、今まで炭酸を青汁、野菜ジュース、ヨーグルト、グリーンスムージーに混ぜて飲みましたがどれもいまいち。 特に、青汁は炭酸で割って飲まないほうがいいです(苦笑)。炭酸入り青汁を飲んだ直後は炭酸のさわやかな味が口を広がりますが、その後に青汁の強烈なにがみだけが口の中に広がりますので気を付けてください。

炭酸に合う酵素ドリンクとは?

今まで「ベジライフ酵素液」「優光泉」「お嬢様酵素」「ベルタ酵素ドリンク」「プレミアムエンザイム」「ごちそう酵素」を飲んだことがありますが、この中で炭酸に一番合っていたのが「優光泉」です。

ちなみに「優光泉」にはスタンダード味と梅味の2つの味があります。 それでは、「優光泉(スタンダード味と梅味)」を炭酸で割ったときの味についてお伝えします。

優光泉(スタンダード味)

まず、優光泉(スタンダード味)の原液20mlを水100mlで飲んでみます。 飲んだ瞬間、「この味、何かに似ているなあ」と思っていたのですが、風邪を引いたときに作るハチミツ大根の味にそっくりです。後味が喉に良さそうなところも似ています。

次に優光泉(スタンダード味)の原液20mlを炭酸水100mlで飲んでみます。 「う!美味い!」あまりの美味しさ目を見開いてしまいました。水で飲んだときよりもゴクゴク飲めます。 ハチミツレモンソーダを飲んでいるような爽快さです。

優光泉(梅味)

梅味も同様にまずは、優光泉(梅味)の原液20mlを水100mlで飲んでみます。 梅味の方は梅味の酸味が際立って、少し独特な匂いがします。 酸味が苦手な人は水で割った梅味は飲みにくいかもしれません。

次に炭酸で飲んでみます。 梅の酸味と炭酸がマッチして、水で割った時よりは遥かに美味しく、梅ソーダジュースのようでした。 尚、はじめは「ん!?」と思うかもしれませんが、慣れてしまえば平気です。 炭酸で割った梅味の優光泉なら酸味が苦手な人でも飲めると思います。

飲み方

上で紹介した「飲む」炭酸ダイエットと同じで毎食後に「優光泉20ml+炭酸水100ml=120ml」を飲みましょう。 尚、炭酸のみだと1回に付き500ml飲まなければいけないので結構大変ですが、炭酸入り酵素ドリンクなら1回に付き120mlだけ飲めばいいのでやりやすいです。

このページの先頭へ